植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類

肥料とは


1・肥料


肥料閲覧はコチラ


肥料とは、植物を生育させるための栄養分として

人間が施すものです。


植物が多量に必要とし、肥料として

主に与えるべきものは窒素、リン酸、カリウムです。

上記栄養素に

カルシウム(石灰)とマグネシウムを加えたものを

「肥料の五要素」と言います。


植物が必要な必須元素は、

窒素 (N)、リン (P)、カリウム (K)、カルシウム (Ca)、酸素 (O)、

水素 (H)、炭素 (C)、マグネシウム (Mg)、硫黄 (S)、鉄 (Fe)、

マンガン (Mn)、ホウ素 (B)、亜鉛 (Zn)、モリブデン (Mo)、

銅 (Cu)、塩素 (Cl)です。


肥料は有機肥料と無機肥料に分類されます。

また細かく分類すると下記のように分類されます。


単肥

( 窒素質肥料 )

( リン酸質肥料 )

( 加里質肥料 )


複合肥料

( 液体肥料 )

( 化成肥料 )

( 緩効果化成肥料 )

( 配合肥料 )

( ペースト肥料 )


有機質肥料

( 植物質肥料 )

( 堆肥化資材 )

( 動物質肥料 )

( 有機廃棄物肥料 )



広告

Edit

アンモニア尿素肥料とは

3・アンモニア尿素肥料


肥料閲覧はコチラ


アンモニア尿素肥料とは、

柔らかい葉物野菜向けの肥料です。


主に植物を大きく生長させる作用があります。

特に葉を大きくさせやすく、

葉肥(はごえ)と言われます。

過剰に与えると、植物体が徒長し、

軟弱になるため病虫害に侵されやすくなります。

逆に、軟らかい植物体を作りたいときは

窒素を多用するといいです。


また、窒素はどのような性状の

窒素であるかにより肥効が左右されます。

アンモニア態窒素(硫安、塩安など)は

土壌に吸収・保持されやすいので肥効は高いです。

しかし、土壌でバクテリアにより

硝酸態窒素に変化すると

土壌に吸収・保持されにくいので流亡してしまいやすい。

有機質の肥料や尿素などは

土壌でアンモニア態窒素に変化し、

その次に硝酸態窒素に変化する。

アンモニア態窒素は多用すると

アンモニアガスを生じ

植物体に障害を与える場合があります。

この現象は施設園芸でよりおこりやすいです。



広告

Edit

液体肥料とは

4・液体肥料


肥料閲覧はコチラ


液体肥料とは、

文字通り液体の肥料です。

土壌にかけたり、

葉や根のの調子が悪い時に散布する肥料です。

主に肥料とは別で付属的に使用されます。

土と混ざりやすいと言う性質もあります。



広告

Edit
Copyright © 植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます