植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類

園芸用肥料とは

5・園芸用肥料


肥料閲覧はコチラ


園芸用肥料とは、園芸学的には農業の一分野であり、

果樹の生産( 果樹園芸、かじゅえんげい )、

野菜( 青物とも言う )の生産( 蔬菜園芸、そさいえんげい )、

花卉の生産( 花卉園芸、かきえんげい )などで使用される肥料です。


園芸とは、文化的視点から見ると、

植物を絶対的な素材とした美的文化、芸術です。


文化的に見ると、園芸は農業の範疇に入らない要素も少なくないです。

( 例えばあくまでも「美」が追求されてきた鑑賞園芸、

つまり、古典園芸植物、盆栽、

フローリストフラワー、その他マニア的、趣味的な園芸 )。


そこで特にこのような鑑賞園芸を「園芸」と呼んで、

農業、造園から独立した美的文化、芸術のひとつとしました。


果樹園芸、蔬菜園芸などの「生産園芸」は、

あくまでも農業の範疇を出ず

そこに帰するものとして区別すべきと考える人も多いです。

つまりここでいう園芸とは

「食用、実用以外の鑑賞を目的として植物を栽培する文化」

ということになります。  



広告

Edit

化成肥料とは

6・化成肥料


肥料閲覧はコチラ


化成肥料とは

肥料の3要素(チッソ、リン、カリ)のうち

2種類以上を含むようにした物を言います。

化成肥料で肥料の3要素の合計が30%以上のものを

高度化成といい、

それ以外を低度化成と言います。

ラベルに窒素、リン、カリで8-8-8と表示されている場合は

窒素、リン、カリが8%と言う事です。



広告

 

Edit

カニ殻肥料とは

7・カニ殻肥料


肥料閲覧はコチラ


カニ殻肥料とは、

カニの殻を潰して粉末状にした肥料です。

殻には

タウリン、

キトサン、

アスタキサンチン、

カルシウムが含まれます。

カニ殻肥料は土壌改良に使用されます。

カニ殻を土壌に入れると放線菌が増殖します。

放線菌がカニに含まれるキチン質を好むためです。

土中で放線菌が増殖することにより

病原菌の増殖を抑制する効果があります。



広告

Edit
Copyright © 植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます