植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類

カルシウム石灰肥料とは

8・カルシウム石灰肥料


肥料閲覧はコチラ


カルシウム石灰肥料は、

植物や土中の必須成分です。

カルシウムは

根腐れ病対策や酸性質の土壌中和に使用されます。


カルシウムの原料は、

石灰岩を砕き粉末にした物、

カキ殻、ホタテ殻を砕いた物、

リン鉱石を砕いて粉末にした物です。



広告

Edit

魚粉肥料とは

9・魚粉肥料


肥料閲覧はコチラ


魚粉肥料とは魚を粉砕し粉状にした物から作成した

動物性有機肥料です。

公式には魚から作られ窒素とリン酸を12%以上含む肥料の事を

魚粉肥料と言います。

主にイワシ、マグロ、カツオから作られます。


魚粉肥料はアミノ酸も多く含まれます。

アミノ酸は、

果実、葉の色実が増す、

糖度が高くなるという効果があります。


果樹農家で魚粉と化成肥料を組み合わせて使用される事が多いです。

肥料効果は土中でゆっくり分解されるため遅いです。

なので魚粉肥料の過剰大量使用にならないように

注意する必要があります。



広告

Edit

米ぬか肥料とは

12・米ぬか肥料


肥料閲覧はコチラ


米ぬか肥料は

土壌に混ぜて使用します。

米ぬかは微生物のエサとなるため、

土壌改善に使用されます。

後は土を発酵させる時に混ぜて使用されます。



広告

 

Edit
Copyright © 植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます