植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類

複合肥料とは

21・複合肥料


肥料閲覧はコチラ


複合肥料とは?


化学的に合成された無機肥料を化学肥料という。


化学肥料で肥料の3要素の1つしか含まないものを単肥という。

( 但し、有機、無機に関係なく、1種類の

肥料という意味で単肥ということもある。)


単肥を混合して、肥料の3要素のうち

2種類以上を含むようにしたものを複合肥料という。

また別の製造方法の複合肥料も存在する。



広告

Edit

ぼかし肥料とは


22・ぼかし肥料


肥料閲覧はコチラ


ぼかし肥料とは

いろいろな種類の肥料を混ぜ合わせ発酵させた肥料を言います。

元肥として使用されます。


発酵により糸状菌、麹菌(こうじきん)、納豆菌、乳酸菌、

酵母菌などの善玉菌が増殖します。


発酵させるために善玉菌の多い米ぬかを混ぜる事が多いです。



広告

Edit

燐( リン )肥料とは

21・燐(リン)肥料


肥料閲覧はコチラ


燐(リン)肥料とは、

リン酸が多く含まれた肥料です。

植物生長の即効性があります。

リン肥料はリン酸イオンを含むリン鉱石を砕いて作成した肥料です。

化学肥料の原料として使用される事が多いです。

また作物を育てると窒素、リンを植物が吸収し、

土壌内部の窒素、リンが減少するので

土へのリンの補給目的で使用されます。



広告

Edit
Copyright © 植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます