油粕( あぶらかす )肥料とは|植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類

油粕( あぶらかす )肥料とは

2・油粕(あぶらかす)肥料


肥料閲覧はコチラ


油粕(あぶらかす、油糟)は、

アブラナなどの農作物から油を搾り取った残渣です。


日本で流通している油粕は

菜種から油を採った菜種粕(なたねかす)が多いです。

他に綿の種から油を採った綿実粕(めんじつかす)、

茶実から油を採った茶実粕(ちゃじつかす)、

大豆の実から油を採った大豆粕(豆粕)などがあります。

かつては、胡麻や荏胡麻の実から採ったものも用いられました。


菜種油粕の肥料成分は

窒素5%程度、リン酸2%程度、カリ1%程度を含有しており、

良質な肥料として使用されています。

但し、肥料としての効果は分解されてから効果を発揮するため、

効果の発現はゆっくりです。

このため他の有機質肥料と混ぜて発酵させてから用いたり、

水を加えて発酵させてから液肥にすることも多いです。


油粕肥料はキャベツ、白菜などの

葉物野菜が大きくなる効果があります。



広告

Edit
Copyright © 植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます