肥料とは|植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類

肥料とは


1・肥料


肥料閲覧はコチラ


肥料とは、植物を生育させるための栄養分として

人間が施すものです。


植物が多量に必要とし、肥料として

主に与えるべきものは窒素、リン酸、カリウムです。

上記栄養素に

カルシウム(石灰)とマグネシウムを加えたものを

「肥料の五要素」と言います。


植物が必要な必須元素は、

窒素 (N)、リン (P)、カリウム (K)、カルシウム (Ca)、酸素 (O)、

水素 (H)、炭素 (C)、マグネシウム (Mg)、硫黄 (S)、鉄 (Fe)、

マンガン (Mn)、ホウ素 (B)、亜鉛 (Zn)、モリブデン (Mo)、

銅 (Cu)、塩素 (Cl)です。


肥料は有機肥料と無機肥料に分類されます。

また細かく分類すると下記のように分類されます。


単肥

( 窒素質肥料 )

( リン酸質肥料 )

( 加里質肥料 )


複合肥料

( 液体肥料 )

( 化成肥料 )

( 緩効果化成肥料 )

( 配合肥料 )

( ペースト肥料 )


有機質肥料

( 植物質肥料 )

( 堆肥化資材 )

( 動物質肥料 )

( 有機廃棄物肥料 )



広告

Edit
Copyright © 植物を栽培するのに効果のあるいろいろな成分の肥料の種類 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます